崎山tumblr

題名未設定: 朝日新聞に意見のメールを投げておいた。 →

yuki-k1:

初めまして。

私は、大阪で弁護士をしているものですが、個人的に武雄市関連の問題に興味を持つようになり、同市が中心となって行っているFB良品事業についてもずっと追いかけて調べてきました。

そんな中、貴社の8月7日付記事「シンガポールで新ブランド 富山・南砺市の海外展開」を目にし、読ませていただきました。

そもそものFB良品というシステム自体が、システム運営者の(株)SIIIS社に利益が集中し、参加した自治体は楽天やAmazonなどの既存ネット通販業者を利用した場合の数倍~数十倍の費用を搾取される点で問題があると考えていますが、今回はそれについてはおいておきます。

宮内庁広報担当者様

8月5日の高円宮妃殿下の武雄市図書館訪問について、武雄市長の

樋渡啓祐氏が政治利用していると思われるので、情報提供します。

武雄市長の樋渡啓祐氏は、以前から「武雄市長物語」というブログを

開設していて、高円宮妃殿下の武雄市図書館訪問についても記事にしています。

高円宮妃殿下の写真掲載について宮内庁から許可取得済とあるので

ご存じかもしれませんが

http://hiwa1118.exblog.jp/19414755/

になります。

この中に、

 妃殿下におかれては、武雄市図書館を極めて高く評価頂き、心から光栄に思え

 ました。今まで、CCCと連携して行ってきたことが、先の市民アンケートでの

 83%の満足、そして、今回の妃殿下のご評価で、間違っていなかったとを確

 信。これからも、来館者の皆さんの気持ちに寄り添いながら、さらに、武雄市

 図書館を日本一の図書館にしていきたいと思いました。

という一節がありました。

武雄市図書館は、図書館としてのありかたに多くの疑問や批判の声が寄せられ

ているところであり、先日も図書館友の会全国連絡会から「武雄市図書館の民

間会社による管理・運営に関する声明書」が出て、これに武雄市側が反論する

といった状況があります。

http://totomoren.net/siryo/takeo-seimei130707.pdf

http://www.city.takeo.lg.jp/info/docs/20130729tosyokantomonokaikaitou01.pdf

また、武雄市議会においても、武雄市図書館の今般の指定管理者制度導入には

反対があり、リニューアル開館後も、運営上の多くの問題が指摘され続けてい

ます。

このような状況で、武雄市長の樋渡氏が「今回の妃殿下のご評価で、間違って

いなかったとを確信。」と表現してブログに記載していることから、今回の高

円宮妃殿下の武雄市図書館訪問が現に政治的に利用され、あるいは今後されて

いく危険性が高いと思いましたので、念のため、情報提供とさせて頂きます。

当省では、グーグル株式会社、株式会社プラットフォーム・ワン、株式会社マイクロアド、ヤフー株式会社など、第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、当サイト利用者のクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。

— 当サイトについて|参議院議員通常選挙 (via skubota)

(via maskd-megane)

渾沌に目鼻: 声を上げろ →

kontonmehana:

声を 声を上げろ

声を 声を上げろ

俯く私に向かって

声を 声を上げろ

口を閉ざす私に向かって

声を 声を上げろ

立ち竦む私に向かって

声を 声を上げろ

何かが聞こえてくる

声を 声を上げろ

沈黙した研究者のために

声を 声を上げろ

沈黙したブロガーのために

声を 声を上げろ

沈黙した公務員のために

声を 声を上げろ

声を 声を上げろ

子どもの絵本を諦めた母親のために

声を 声を上げろ

子どもに店を遺すことを諦めた商店主のために

声を 声を上げろ

集う場を奪われた市民のために

声を 声を上げろ

無知の頚城に繋ごうとするものに向かって

The page in question is https://www.facebook.com/japan.satisfactionguaranteed 

It has gained over 4 million likes. The company SATISFACTION GUARANTEE PTE LTD,  which runs that page, is legally in Singapore now, but substantially Japan-based.

The brand “satisfaction guaranteed” was a casual fashion wear brand, but the comany has stopped selling garments since last year.

The company had posted hundreds of images taken from other web sites since 2012 June until last Month. Some are as-is, but some are modified to include the company’s logo as if products in the images are branded as “satisfaction guaranteed”. After recent many complaints, the company removed images which infringe copyrights. The company reported the removal in:

https://www.facebook.com/japan.satisfactionguaranteed/posts/10152948333020212

Those images seemed to be exploted for gaining about 1 million likes.

Also in question is the tags on the images. Many images (including already removed images by the above reason) in the page since 2011 had over 40 tags.  I and some people think the company used  affiliate marketing for tagging, but have not found evidence.

The business model of this like farming company is to lend the fame of 4 million likes.

SUPER GIRLS FESTA, a fashion show held in Taiwan on April 2012, seemed to pay for the promotion. Title of photo album below is “SUPER GIRLS FESTA feat. satisfaction guaranteed!!”, but “satisfaction guaranteed” brand was not in the show actually.

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10151441118500212.825448.476805795211&type=3

Another example is “Hair Salon satisfaction guaranteed”. This is the news release in Japanese:

http://ribiyo-news.sakura.ne.jp/?p=9712

Most recently, FB-Ryohin, an online store backed with a federation of local governments in Japan, has announced it will rename to “satisfaction guaranteed” next Autumn by contracting the company. Keisuke Hiwatashi, the governor of Takeo city and the president of the federation says “satisfaction guaranteed” is famous among Southeast Asia  people.

http://mainichi.jp/area/saga/news/20130626ddlk41020392000c.html

But the brand name is seldom seen in other than ad industry in Japan.

Of course, the phrase “satisfaction guaranteed” is very common, so bare Google search does not work. 

株式会社ミログのAndroidスパイアプリ問題について →

株式会社ミログが最近発表した、AppLogSDK というものが、スパイウェアもどきじゃないかという批判が出ていたので、その会社の成果物をチェックしてみたら、app.tvというAndroidアプリ群が、スパイウェアそのものだった。

app.tv について簡単に説明すると、電子書籍アプリで、ミログのいう AppReward…

私は,太田一高の同窓会の会長になって,行って一番先にやった仕事が,規則というか,規律をきちっとすることですよ。一番先にやった仕事は,入学式のときに全部頭から下まで統一させた。靴下別なものはいていたやつ,玄関で全部はきかえさせた。今,入学式も卒業式も,上から下まで,卒業生,靴下からネクタイまで全部一緒ですよ。茶髪のやつは一人も,定時制にも一人もいません。

— 

茨城県議会 会議録の検索と閲覧 - 発言詳細表示

なにこれ気持ち悪い。

占領政策憲法は、家の制度を破壊し、個人を祖先及び父母から分断して、相互の関係を断絶いたしました。占領軍は、日本の良俗美風であるところの家の制度を破壊し、家というような肉眼で見えないものは認めない、だから家督相続を廃して肉眼に見える財産相続だけを残したのであります。占領憲法以前の日本の伝統においては、長男が家を相続するとともにその家督を相続する、それにしたがって、老いたる父母や全家族の生活を保障する義務と責任を長男が譲り受け、連綿として一家は継承され、国家もそのような精神で連綿と継続して繁栄してきたものであります。占領憲法という道具によって家制度を廃止させ、隣組という地域社会や財閥と言われる企業集団を破壊し、日本社会の弱体化を図り、民族の誇りと自立性を奪ったと言わざるを得ません。

— 

平成12年2月_一般質問 渡辺 利昭議員

なんでこんなに釣り力が高い質問ばかり埼玉県では行われているのだろう。

次は、 恥とか遠慮がない。 中学・高校の生徒が男女で手をつないで歩いている。 自転車の後ろに乗っている女子生徒が運転している男子生徒に抱きついている姿もよく見かける。 あるいはよりかかって歩いている姿。 背を向けたくなるような光景も時にはあるという。 先生がほどほどにと注意すれば、 好いて好かれるのはおれたちの自由だ、 表現の自由もある、 個人のことだ、 学校とどういう関係があるんだという言葉が返ってくる。 教育の場では規律と禁欲が守らなければ、 その目的は成就されない。 今の生徒には、 恥とか遠慮がなく、 教育の原点が分かっていない。 これでよいんだろうか、 どうにもやるせない気持ちである。 恥と遠慮は日本の文化である。

— 

12月一般質問 秋山清議員

10年以上前のものだけど、こういうのが保守系地方議員の教育や秩序についての感覚ということで。

○提案事項名(タイトル)
(50字以内におまとめください。)
※必須 わいせつ物頒布等の罪の廃止

○提案の視点
※必須 規制・制度の撤廃や見直し

○提案の具体的内容
(具体的に全角文字にて250文字以内で記載してください。)
※必須 刑法第百七十五条に定めるわいせつ物頒布等の罪を廃止する。 青少年の保護については、風俗営業適正化法を改正してカバーするか、もしくは、刑法第百七十五条を「十八歳に満たない者に対し、わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は(以下現行法と同じ)」と改正する。

○提案理由
(具体的に全角文字にて750文字以内で記載してください。また、特に無い場合は「なし」とお書きください。
※必須 インターネットの普及で多くの国民にとって国外のサーバにあるわいせつ図画の閲覧は容易になった。そのほとんどは、主要先進国では合法とされるも のである。警察と裁判所の判断に大きな変化がみられないため、国内で頒布や映像配信を行う者が罪に問われる一方、日本向けに制作されたわいせつ映像が外国 企業によって配信され、その収益への税はその外国でかけられている状況である。これに対し、日本国内で合法に成人向けポルノ映像を頒布等する事業者は、映 像にモザイクをかけることに多大なコストをかけていて、内容・価格ともに競争力に劣る。 中国のようにインターネットの情報流通を大幅に規制するという判断は通信の秘密等の観点から不可能であり、実態として無意味な規制となっているので、刑法 を改正して、国内の健全な企業が競争力をもって扱えるようにして、日本国内で需給が完結し、また、反社会的勢力の関与する余地をなくすほうがよい。 街中などの生活空間における風紀の維持や青少年の保護は、風俗営業適正化法で対応可能であろうし、あるいは、米国のいくつかの州のように、刑法のまま18歳未満に対してのみ禁止することでも達成できる。

○根拠法令等

○制度の所管省庁
(複数選択も可)
※必須 警察庁

9 埼玉県青少年健全育成条例      1 趣 旨
 の一部を改正する条例           青少年を取り巻く社会環境の浄化をより一層推進するため、携
                     帯電話等によるインターネット上の有害情報の閲覧防止措置を講
                     じるための改正
                    2 内 容
                     (1) 保護者の義務
                       青少年有害情報フィルタリングサービスを利用しない旨の申
                      出をするときは、正当な理由を記載した書面を携帯電話インタ
                      ーネット接続役務提供事業者に提出しなければならない。
                     (2) 事業者の義務
                      ア 青少年に携帯電話インターネット接続役務を提供する契約
                       を締結する場合には、青少年又はその保護者に対し、有害情
                       報を閲覧する機会が生ずることなどを説明し、その内容を記
                       載した説明書を交付しなければならない。
                      イ 保護者から(1)の書面の提出があったときに限り、青少年
                       有害情報フィルタリングサービスを除いて携帯電話インター
                       ネット接続役務を提供することができる。また、この場合に
                       おいて、保護者から提出のあった書面等を保存しなければな
                       らない。
                     (3) 知事の関与
                      ア 携帯電話インターネット接続役務提供事業者が(2)に違反
                       していると認めるときは、必要な措置を講ずるよう勧告する
                       ことができる。
                      イ アの勧告を行うために必要な限度において、青少年有害情
                       報フィルタリングサービスを除いて携帯電話インターネット
                       接続役務の提供を受けていると認められる青少年の保護者に
                       対し、報告又は資料の提示を求めることができる。
                      ウ アの勧告を受けた携帯電話インターネット接続役務提供事
                       業者がその勧告に従わなかったときは、意見を述べる機会を
                       与えた上で、その旨を公表することができる。
                     (4) 罰則
                       立入調査を拒否等した携帯電話インターネット接続役務提供
                      事業者は、10万円以下の罰金に処する。
                    3 施行期日
                      平成22年10月1日

地方局を通信キャリアが買い取って放送インフラを手中に収めた方がいいのではないか、という声があるのも事実。

— 姿を見せ始めたケータイ動画:日経ビジネスオンライン

答申素案の主なポイント
1 ネット・ケータイに関する青少年の健全育成について
* 青少年にとって安全・安心な携帯電話を、都が推奨する制度を創設すべきである。
* 不健全な行為を意図的に行った青少年の保護者に対し、指導・勧告等を行い、責任の自覚を促すべきである。
* 青少年が使用する携帯電話について、保護者が容易にフィルタリングを解除できないよう手続きを厳格化すべきである。
* フィルタリングから除外されるべきサイト基準について、実態に照らし、青少年が被害に遭わないものにするため、条例への規定や第三者認定機関への要請等を行うべきである。
2 児童を性の対象として取り扱うメディアについて * 児童ポルノを始め、児童を性の対象として取り扱うメディアの根絶・追放のため、機運の醸成と環境の整備に努めるべきである。 * 国に対し、児童ポルノの「単純所持」の処罰化を強く要望すべきである。
* いわゆる「ジュニアアイドル誌」へ子どもの売り込みを行った保護者に対する指導・勧告の仕組みを検討すべきである。
* 児童を性の対象とする漫画等のうち、著しく悪質な内容のものを、追放の対象として明確化するとともに、「不健全図書」の指定対象に追加すべきである。
* 児童・生徒の性行為を描写した、小・中学生を対象とする「ラブ・コミック」を、レーティング(推奨年齢の表示)の対象とすべきである。

— 

第28期青少年問題協議会答申素案について意見を募集|東京都

このほかにネット通販での年齢認証の厳格化が入っているし、フィルタリングならぬブロッキングをあちこちで要求している。

東京都青少年問題協議会。都知事の諮問機関で、東京の子どもたちの健全育成に資する政策を都知事に提案することを求めらた協議会です。この度、協議会委員に選ばれ、会議に初出席。
議題は、名指しで誹謗中傷が横行する学校裏サイトなど子どもに重大な悪影響を及ぼすケータイ・ネット環境をどうしていくか、そして、ネット上などに溢れる児童ポルノをいかに規制していくのかという点。 今日、中間報告が提出されました。ネット問題に関しては、フィルタリングの強化や、親、学校、行政、事業者に求める取り組みなどを確認。そして、多くの時間を割いたのは児童ポルノ規制について。論点は、単に児童ポルノを所持しているだけで逮捕され罰を受けるいわゆる『単純所持規制』を安易に求めるか否か。委員の多数は単純所持規制には賛成のようでしたが、私からは

— 

日々思うこと - 2009/11/24 青少年問題協議会

東京都青少年問題協議会の議員枠の委員の関口太一議員(民主党)の日記。省略した後半は児ポ単純所持規制反対の議論。これで分かるのだけれども、マンガ・児ポ規制反対のロビイングが先行している一方、ネット・ケータイ規制に反対する方向のロビイングは出遅れている感。異論が委員のなかにあんまりないから、児ポネタばっかりになった上に早めに終了した可能性が高い。

キ 携帯電話による有害サイトから小・中学生を守る取組について、携帯電話事業者などに、フィルタリング設定に関する要望書を提出した結果、新たなフィルタリングサービスを始めた事業者もあることなどが報告された。
  今後は、必要に応じて検討を行うこととした。

— 

「第56回八都県市首脳会議」及び「第4回首都圏連合フォーラム」の開催結果について(1)

とりあえず、主催の埼玉県にならって4都県で一致してケータイフィルタリング義務化、といった方向性が出るということにはならずに済んだ。ただ、東京都と神奈川県ではそれぞれ諮問中だからそういうことにならなかっただけとも言える。